【BASEの無在庫仕入先2選】ストレスフリーな自社ECサイト無在庫販売とは?!

「BASEで無在庫販売できるらしいけど、仕入先はどこがいいのかな?」
「BASEの無在庫販売の方法を詳しくしりたい!」

無在庫販売の経験者のうちで、BASEの利用を検討する人が増えています。

BASEで自社サイトを構築すれば、Amazonやメルカリのように無在庫販売への規制がないので安心という背景があるようです。

しかし、気になるのはBASEを利用したときの仕入先という方も多いでしょう。

今回の記事では、BASEを無在庫販売に活用したときの、オススメの仕入先を紹介します。

同時に無在庫販売をサポートするBASE独自の機能やサービスについても詳しく解説しますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

この記事の監修者:未来来来合同会社代表|水田宗孝

1976年生まれ。コナミ→Sony→CAPCOM→グリー→バンダイナムコと大手ゲーム会社を5社経験しその後、無在庫物販で副業をスタート。2020年に月利70万円を突破し独立。その後2021年に未来来来合同会社を設立。

「物販オンラインスクール『NOAHコミュニティ』」を発足し、延べ100名以上の物販プレイヤーを輩出。その経験から学んだ物販の極意を発信していきます。NOAH公式LINEにて無在庫物販に関するお得情報を無料配信中! → 詳しいプロフィールはこちら

この記事の執筆・編集者:高井

中古カメラのeBay輸出販売で起業するも、作業の多さから続かずにeBay、Amazon、中国輸入の無在庫販売へ転向。 一定の成果を出し、新型コロナ蔓延による国際輸送費の値上がりにを機に、兼ねてより興味のあったWebライターとしても活動を開始する。物販とライティング二足の草鞋で活動中。

目次

BASEの無在庫販売におすすめの仕入先とは?

BASEを利用すれば特に規約による縛りはないため、基本的にどこを仕入先としようと無在庫販売が可能です。

したがって、今、利用されている仕入先で十分利益を得られているのであれば、そこを継続するといいでしょう。

しかし、「あまり売上がない」「利益率が低い」などの課題を抱えている場合は、今回ご紹介する中国輸入ビジネスを検討してみてください。

中国ECサイトがオススメ

BASEの自社ECサイトで無在庫販売を行う際にお薦めの仕入先は、中国アリババグループのECサイトです。

中国EC市場の規模は世界No.1となり、2022年度においては下表のように世界のEC流通総額ランキングのトップ5のうち中国のECサイトが4つを占めています。

出典:ECCLab・2022年世界EC流通総額ランキング

中国ECサイトでは日本の3分の1以下の価格で仕入可能なアイテムが多いので、日本市場にヒットする商品であれば高い利益率で販売できる可能性があります。

また、仕入先が似通ってしまうと価格競争となりますが、中国ECサイトには10億以上もの豊富な商品があるので、供給量の面でも申し分ありません。

中国ECサイトの仕入先としては、アリババグループ傘下のECサイトが人気です。

アリババグループ傘下の主なECサイトは下記の5つで、それぞれに特徴があります。

ECサイトサイトの種類販売対象
Alibaba.comB2B ECサイト海外
1688.comB2B ECサイト中国国内
Tmall(天猫)B2C ECサイト中国国内
アリエクスプレスB2C ECサイト海外
タオバオC2C ECサイト中国国内

これらの中からBASEを利用した無在庫販売では、初級者にとってはアリエクスプレス、中級者以上の方にとっては1688.comがオススメです。

それぞれを詳しくみていきましょう。

初心者が始めるべきはアリエクスプレス

出典:アリエクスプレス・ホームページ

アリエクスプレスは、B2C型の越境ECサイトで、中国企業が海外の個人ユーザーを中心に商品を販売するプラットフォームです。

アリエクスプレスではECサイトが多言語対応されており、日本語表示への切り替えによって商品の閲覧にストレスがありません。

個人顧客向けECサイトなので単品から購入が可能ですが、その分、価格は他のアリババグループのECサイトに比べると割高です。

しかし、日本の顧客まで直送が可能であり送料無料の店舗も多いので、それらを加味すると利益率は悪くはありません。

店舗によっては商品の品質が劣ることもありますが、買い手を保護する「返金保証制度」があるので安心です。

したがって、BASEでリスクのないスタンダードプラン(後述)を選び、アリエクスプレスを仕入先とすることで、安全に無在庫販売をスタートさせることが可能になります。

ちなみに、アリエクスプレスを仕入に利用した場合の販売事例を紹介します。

中国輸入による利益率はだいたい平均30%程度と言われていますが、国際輸送方法や日本のECサイトの手数料などの影響もうけますので、一概に言えません。

しかし、下記のケースでは30%程度の利益は十分でていると言えるでしょう。

メンズファッション

アリエクスプレス仕入(477円)→Amazon販売(2,780円)

コスプレ商品

アリエクスプレス仕入(1,089円)→メルカリ販売(10,234円)

水田

アリエクスプレスを利用した無在庫販売の詳細は、下記記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

あわせて読みたい
中国輸入初心者が簡単に取り組める無在庫転売のやり方!輸入代行業者不要のメソッドとは? 副業で転売を始めたけれど、なかなか利益が上がらないという方には、中国輸入がおすすめです。 近年、中国ECサイトの発展により、個人でも手軽に輸入販売が可能になりま...

中級者になれば1688.com

出典:1688.com・ホームページ

1688.comは工場直仕入と同様の格安価格で仕入可能なので、中国輸入に取り組む日本人の多くが利用している中国国内向けのECサイトです。

1688.comの出店者は製造業者や卸売業者がほとんどで、注文数量に応じて低価格で商品を提供するシステムを採用しています。

取引に当たっては中国に銀行口座があることが条件となり、発送先も中国国内に限られ、サイト言語も中国語なため、輸入代行業者を通して仕入れるのが一般的です。

それでも1688.comは価格が安いだけでなく小ロット仕入も可能なので、中国輸入に取り組む業者の間で非常に人気があります。

したがって、中国輸入販売が軌道にのってきた段階では、輸入代行業者を利用した1688.com仕入に切り替えることで利益率がアップするでしょう。

安定した販売が見込める商品については有在庫販売へ切り替え、無在庫と併用するハイブリッド販売に取り組む方法も考えられます。

輸入代行業者によっては、中国の提携工場と連携してOEM商品の開発販売をサポートしているところもあります。

OEM販売によるブルーオーシャンビジネスを最終目標とするのもいいでしょう。

ちなみに、1688.comを仕入に利用した場合の販売事例は下図の通りです。

1688.comは越境ECサイトでないため輸入代行業者を利用する必要がありますが、それでも30%程度の利益は取れている事例と言えるでしょう。

レディースファッション

1688.com仕入(3,239円)→Amazon販売(12,980円)

コスプレ商品

1688.com仕入(820円)→メルカリ販売(5,130円)

水田

輸入代行業者を利用した無在庫販売については、下記記事で詳しく解説しています!

あわせて読みたい
【初心者必見】中国輸入の代行業者はラクマートがオススメ!便利な無在庫便を紹介! 物販に興味のある方なら、無在庫転売という言葉を一度は聞いたことがあると思います。 無在庫転売は言葉通り、在庫を持たずにECサイトへ出品し売れてから仕入れる手法で...

BASEとは

出典:BASEホームページ

中国輸入の仕入先がわかったところで、ここからは中国輸入無在庫転売のプラットフォームとして相性のいいBASEについてみていきましょう。。

BASEは2012年にBASE株式会社が提供を始めた、日本の代表的なネットショップ構築サービスです。

2023年6月まででショップ開設数が200万を超え、ネットショップ開設実績では5年連続No.1の人気を誇っています。

BASEの人気の秘密は、下記の3つに集約されます。

・初期費用が無料で月額料金も0円のプランから始められる
・PCスキル不要の直感的な操作が可能
・初心者に徹底的に優しいサービス体制

宣伝文句である「3つの項目を埋めるだけですぐにショップが開設できる」とおり、誰でも簡単に自社ECサイトを構築できる便利なシステムを提供しています。

ショップ構築前であれば手厚い電話サポートも受けることができるので、初心者の人でも安心して自社ECサイトを完成させることが可能です。

BASEを利用するにあたっては、下表の2つのプランから選択できます。

項目スタンダードプラングロースプラン
初期費用0円0円
月額料金0円5,980円
取引手数料3%0%
決済手数料3.6%+40円2.9%

スタンダードプランの場合、万一、構築したECサイトの運営が上手くいかなくても、売上が上がらない限り費用が発生しないので損することはありません。

グロースプランでは月額料金がかかりますが、取引手数料が無料となり、決済手数料も安く設定されています。

したがって、スタンダードプランから始めて月商17万円を超えた段階でグロースプランへ移行すると、ショップ運営費が安くなるので効率的なことを覚えておくといいでしょう。

BASEを無在庫販売で利用する3つのメリット

BASEで自社ECサイトを構築するメリットはいろいろありますが、無在庫販売に利用する場合では下記の利便性が挙げられます。

3つのメリット

1.規約に縛られない自由なビジネスの展開
2.拡張機能による無在庫販売に便利なカスタマイズ
3.ショップの複数運営が可能

メリット1.規約に縛られない自由なビジネスの展開

BASEでは無在庫販売に対する規約上の縛りはありません。

Amazonをはじめ、大手ECサイトでは無在庫転売は基本的に規約で禁止されているケースが殆どですが、BASEでは自由に無在庫販売に取り組むことができます。

先に紹介しました中国輸入においても、タオバオ新幹線THE直行便といった中国輸入代行業者と提携しており、無在庫販売もサポートしています。

水田

法律で禁止されているような商品を扱わない限り、自社ECサイトが使えなくなることはないでしょう。

メリット2.拡張機能による無在庫販売に便利なカスタマイズ

出典:BASEホームページ・拡張機能

BASEはネットショップを簡単に構築できるだけでなく、80種類以上の拡張機能を利用して自分の店を好きなようにカスタマイズすることが可能です。

無在庫転売に役立つ拡張機能には下記のようなものがありますので、ショップが取り扱う商品や仕入先の状況に応じて利用するといいでしょう。

拡張機能内容
予約販売(無料)入荷前に商品を出品して予約注文を受けることが可能。事前に商品を受注生産して販売できる。
配送日設定(無料)お届け可能日を1〜30営業日以内で設定できるので、輸送期間が長い海外輸入製品の販売などに利用すると便利。
デジタルコンテンツ販売(無料)音楽や写真、動画、電子書籍などのダウンロード販売が可能。
Tシャツ作成(無料)オリジナルTシャツを受注生産の形で、提携先へ製作から発送まで委託可能。
スマホケース作成(無料)オリジナルのスマホケースを受注生産の形で、 提携先へ製作から発送まで委託可能。
水田

無在庫販売の様々な形態をサポートしていますので、利用できるものはどんどん使っちゃいましょう!

メリット3.ショップの複数運営が可能

BASEではメールアドレスを変えることで、いくつでも自分のショップを持つことができます。

これにより取扱いジャンルごとにサイトデザインを変えるなど、特徴に応じた複数ショップの運営が可能です。

しかも、初期費用はゼロで月額料金もプランによっては無料なので、リスクなく無在庫販売のショップ運営を展開できます。

Amazonやメルカリなどの大手プラットフォームでは、1ユーザー1アカウントが原則であるところが多く、規約に触れてアカウント停止となればビジネスを継続できません。

水田

それに比べれば、BASEでの無在庫販売は心に余裕を持ってできますね!

BASEを無在庫販売で利用する2つのデメリット

BASEを無在庫販売で利用する場合のデメリットは、下記の2点に集約されます。

2つのデメリット

1.大手プラットフォームと比べると集客力が弱い
2.SNS広告などに手間と費用がかかる

これらのデメリットを理解しておくことで、どのような対策が必要かがわかるでしょう。

デメリット1.大手プラットフォームと比べると集客力が弱い

BASEを無在庫販売に利用した場合、集客力が弱いというのが大きな課題です。

Amazonやメルカリを使った無在庫販売では、誰でも知っているメジャーECサイトの集客力を利用できます。

しかし、BASEを利用した場合は、自社で集客をしなければなりません。

水田

これは自社ECサイトの宿命ですが、解決策を後で紹介しますので安心してください。

デメリット2.SNS広告などに手間と費用がかかる

自社で集客するにはSNS利用がメインとなりますが、広告やファンを増やすことで十分な収益が得られるまでに手間と費用がかかります。

SNS集客のノウハウがなければ、一から学ぶことも必要でしょう。

ただし、BASEには集客をするための拡張機能やサービスが準備されていますので、それらを活用することでショップの集客力を強化することが可能です。

水田

詳細は次で説明しますので、参考にしてください!

BASEの無在庫販売におすすめの機能とサービス

BASEで無在庫販売を進める上で課題となるのが前述の通り集客力の弱さですが、ここでは集客力をサポートする機能とサービスについて見ていきます。

特に初心者に役立つものをメインとして紹介しますので、ぜひ活用してください。

ショッピングサービス:Instagram販売

出典:BASEホームページ・Instagram販売

「Instagram販売」ではBASEでの出品商品とInstagramの連携により、Instagram投稿に商品をタグづけしてBASEの商品販売ページへ誘導することができます。

「Instagram販売」はBASEショップを公式Instagramで運用している方が利用できるサービスです。

Instagramユーザーをショップへ案内して商品を紹介することで購入のチャンスが広がります。

水田

Instatramのユーザーは10代から30代の若い世代が中心なので、ファッションアイテムなど、画像で訴求できる商品と相性がいいでしょう。

拡張機能:Instagram広告

出典:BASE Apps・Instatram広告

「Instagram広告」は、BASEに出品している商品の広告をインスタの「発見タブ」や「フィード」、「ストーリーズ」に表示させることができる拡張機能です。

Instagram広告 は初心者でも簡単にインスタ広告の配信が可能で、下記のようなメリットがあります。

操作性が簡単で手間いらずBASEの加盟店であることにより、予算や配信時期などの8項目の設定で広告配信が可能。
効果測定が可能広告の閲覧数やクリック数、広告経由で売れた商品の種類や個数、購入単価をグラフで可視化。
視覚的アピールが可能商品画像の利用によるユーザーへの視覚アピール。
水田

この機能があれば、初心者もガンガン行けそうですね!

拡張機能:ブログ作成機能

出典:BASE Apps・Blog

BASEのBlog機能を使うと、ショップ内にブログ機能を搭載でき、ショップが独自に告知したいことを自由に発信できます。

ショップのトップページに表示することでユーザーとの距離を縮められ、SNSとの連携で販促活動にも利用可能です。

水田

商品情報をSNS上で拡散でれば、店舗ページへの訪問者数を爆上げできるかも知れません!

新プラン:BASEにおまかせ集客

出典:BASEホームページ・BASEにおまかせ集客

自社ECサイト運営の一番の悩みである集客をBASEへ丸投げできるのが、「BASEにおまかせ集客」です。

集客ではSNS活用が王道ですが、誰でも簡単に結果を出せるわけではなく、知識の習得と経験の積み重ねが必要になります。

したがって、ショップの運営を軌道にのせるまでに、ある程度の時間が必要なのです。

集客のスキルがない方のために、下記の条件でBASEが集客を代行するサービスが「BASEにおまかせ集客」です。

対象SNS広告Google広告・Facebook広告・Instagram広告
広告費用BASE負担
手数料広告経由売上の20%(税抜)

初心者がSNS広告を行っても広告費がかかるだけで、望む結果を出せないことが多いのが実情です。

しかし、「BASEにおまかせ集客」は成果主義なので、売れなかった広告活動に対するコストはかかりません。

InstagramやFacebookのサイトで、AIが購入確率の高いユーザーに対して、売上につながりやすい商品を自動表示することで、効率の高い集客の実現を可能にしています。

「BASEにおまかせ集客」を導入することにより、下図のような成果を期待できるので、特にSNS広告初心者の方にとってメリットが大きいと言えるでしょう。

出典:BASEホームページ・「BASEにおまかせ集客」

水田

不得意なことは専門のサービスに任せるのも、賢い方法ですよ!

まとめ・BASEの中国輸入無在庫転売で広がる可能性

今回は中国輸入と自社ECサイト構築サービスのBASEとの掛け合わせによる、ストレスフリーな無在庫販売の方法を仕入先と一緒に紹介しました。

Amazonなどの大手プラットフォームでは、年々、無在庫販売への取締りが強化される傾向がありますので、自社ECサイトの構築に興味を持つ方が増えています。

しかし、単にプラットフォームを変えただけで、利益を伸ばせるわけではありません。

規制が緩んだとホッとして集客に手を抜くと、販売はむしろ落ちるでしょう。

もし、そのような事態にお悩みの方は、今回、紹介しました中国輸入無在庫販売をBASEで行う方法を試してみてください。

当記事によって新たな可能性が広がり、ビジネスを拡大できるヒントとなれば幸いです。

【NOAH公式LINE】にて無在庫物販に関するお得情報を無料配信中!

僕が運営する「NOAHCommunity」では『労働しない物販』をテーマに、物販の効率化や省力化に役立つポイントについて発信しております。多くの実績者も出ており、ご利用者も100名を超えました!

【NOAH公式LINE】にて無料でドロップシッピングで月30万円以上の利益を安定化させる方法について配信しています!

水田

▼▼ぜひチェックしてみてください!!▼▼

「無在庫物販」に関するお得情報が満載!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

中古カメラのeBay輸出販売で起業するも、作業の多さから続かずにeBay、Amazon、中国輸入の無在庫販売へ転向。 一定の成果を出し、新型コロナ蔓延による国際輸送費の値上がりにを機に、兼ねてより興味のあったWebライターとしても活動を開始する。物販とライティング二足の草鞋で活動中。

コメント

コメントする

目次